埼玉でできるフロアコーティングの種類

フロアコーティングは埼玉の一般家庭の住宅でも多く利用されています。


床の表面をワックスや塗料など樹脂の皮膜で保護するので、キズがつきにくくなります。

これをおこなえばフローリングの床も水拭きできるようになります。



手入れが簡単になるだけでなく、美しさを維持しやすくすることが可能です。
埼玉でフロアコーティングをする際、使用されているコーティング材には、ガラス・UV・シリコン・ウレタンなどの種類があります。

それぞれ特徴や耐用年数に違いがあります。

なかでも最も歴史ある、昔から使われているフロアコーティング方法は、ウレタン樹脂コーティングです。



手ごろな価格で施工が可能で、耐用年数は3年から10年程度。


安全性は使用するものによって違いがありますが、最近では環境や人体に優しい塗料も増えています。

一方、ガラスコーティングは、最も新しい施工方法ですが、埼玉でも、このフロアコーティングの施工をしている会社は増えています。



液体ガラスでできていて、ガラスの膜で床をコーティングします。そのため、強度が強く傷がつきにくいものの、強い衝撃によってヒビが入ること。


しかし安全性は高く、透明感がある美しい仕上がりはガラスならでは。

マットな質感・ツヤのある質感のものもあります。

耐用年数も長めで、10年・20年といった長期間、コーティングが長持ちします。

このように新・旧の工法でも大きな違いがあるフロアコーティング。

埼玉で依頼するのであれば、価格だけでなく安全性や、耐用年数も考慮し、コーティング方法を決めるとよいでしょう。

top